⟨ NEWS

OKEYA

5/20 オープニング OKEYA EXHIBITION Vol.2「Materialize」

この度「桶屋 Artists’ Creative Labs」では、オープン記念第2弾展覧会として、所属メンバーの高石優真、森貴之による「Materialize -マテリアライズ-」展を開催いたします。

本展では、インターネットの普及によって現実と仮想の境が曖昧になった現在においてなお、物質に残された未知なる可能性を探り表現を行う2名の作家が、今まで存在しなかったかたちを、マテリアライズ(具現化)していきます。 高石優真は「記憶の潜在に問いかける装置」をテーマに、研究を重ねた新たな技術や素材で、瞬間の記憶に形を与えていきます。森貴之は古典彫刻や民芸品など既存のオブジェをモチーフに、光を組み合わせることによって物質感を排除し、二次元と三次元の置き換えを試みます。

また、本展に合わせて建築家・松本光索が、桶屋に3ヶ月間滞在し、桶屋と協働で素材開発から設計、施工までを行ったワーキングスペースも新たにオープンします。

常識に捉われない新たな試みに挑戦し続ける桶屋の現在を、この機会にぜひご覧ください。

▼オープニング・レセプション
5月20日(土) 17:00〜20:00

▼展覧会概要

会期:2017年5月20日(土)〜7月30日(日)
※上記期間中の土日祝のみ開廊
時間:11:00〜20:00
※初日5/20(土)のみ17:00から
入場料:無料
参加作家:高石優真、森貴之
会場:桶屋 (東京都八王子市元横山町3-9-3)
JR八王子駅北口、京王八王子駅西口より徒歩10分
お問い合わせ:Tel. 090-9305-6800 / Mail. info@okeya.jp
URL: http://okeya.jp
Twitter: @okeyastudio
Instagram: okeyastudio

▼プロフィール
高石優真|Yuma Takaishi
生体が持つ一生の記憶の形として残る形骸・骨格を扱い、記憶のアーカイブを試みる。モチーフを鏡面に磨き上げ、環境が映りこむことで、瞬間の状況によって変化し続けるような作品を展開。
http://www.yuma-takaishi.com

森貴之|Takayuki Mori
1983年岡山県生まれ。2006年京都造形芸術大学美術工芸学科彫刻専攻卒業。実体を持たない不確かな存在である視覚イメージを三次元空間に表出させるために、光や透過性の物質などを用い、二次元と三次元の間を行き来するような曖昧な存在感の彫刻作品を制作している。
http://www.takayuki-mori.net

▼桶屋について
「桶屋 Artists’ Creative Labs」
建築家・永山祐子の設計に基づき、一軒を丸ごと改装したクリエイティブ・ラボ『桶屋』は、ギャラリーとして使用できる「多目的オープンスペース」、作品制作のための「スタジオ」、そして様々なジャンルに精通したクリエーターの住む「シェアハウス」を併設し、創作活動を触発する開かれた『ラボトラリ』として、日々の研究と実験の中で生まれる最先端で独創的なアプローチを実践しています。

 

https://www.facebook.com/events/246751849134524/?ti=icl